静電気植毛・静電加工の株式会社 三和セイデン

静電気植毛加工

静電気植毛加工とは何だろうとお思いの方々が多いと思います。
実は意外と色々な部品で利用されており、ここでは静電気植毛の効果とその例をご紹介します。
美観的には宝石箱、ディスプレー台、自動車内装部品など使われておりますが静電気植毛
したことによって得られる機能、効能を利用した部品は多くあります。
静電気植毛した図を参照に基材が熱くなった場合、毛が下記図のように植っており手など
あたる部分は毛の上面の点の部分が当たり熱く感じない断熱効果が得られコタツの
アンカ部分、OA機発熱部品周り、ヒーターガードなど使われております。
又、毛と毛の間が開いていることによって空気の層ができ点で手などが当たる為、
蒸れない通気性効果が得られ、ゴム手袋内部などに利用されております。

光が植毛面に当たった場合反射させず毛と毛の間に入ってしまい反射しづらく吸収しやすくなる遮光効果が得られ、カメラフード内面、 カメラ顕頭内面、メータパネル内面などに利用されております。

毛の上部を物が滑っていく場合、面ではなく点に当たっていき磨耗が少なくなり良い制動効果が得られ、擦れる部分が少ないことによって静電気対策にもなって おります。その物に加重がかかると品物が軟質の場合、水分が毛の中に入り水分があっても押さえ込み効果は得られ、精密部品搬送部、ローラーパーツ、パソコンの ポインティングディバスキャップ部分、グリップ等の部品に利用されております。

現在は、静電気植毛の材質はナイロンが主流ですが機能繊維を植毛することによって、更なる付加機能を付けることが可能になってくると思われます。

主な効果と製品のご紹介
結露防止効果 エアコンの噴出し、エアコンのダクトなど
美観効果 自動車内装部分、宝石箱、ディスプレー台など
通気性効果 ゴム手袋内部、エアーフィルターなど
遮光効果 カメラフード内面、メーターパネル内面など
摩擦、制動効果 精密機器搬送部分、ローラーパーツ、グリップ部分など
アンカー効果 医療部品など